本文へスキップ
第30回 徳島県理学療法士学会
      in Tokushima

第30回徳島県理学療法士学会 学会長挨拶GREETING


この度は第30回徳島県理学療法士学会を令和元年9月29日に専門学校 健祥会学園で開催できますことに感謝申し上げます。
徳島県理学療法士会は1969年の設立から今年で50周年を迎えます。近年は高齢化に伴う社会保障費の増大や新しい健康施策により、改めて「予防」が注目されています。我々理学療法士にもこの予防的視点から健康寿命延伸へ貢献することが社会的に求められていると考えます。そこで本学会のテーマを「健康管理と理学療法」としました。
特別講演では脳情報や高齢者、生活習慣、自動車運転をキーワードに数々の論文を執筆され、日々研究を進められております高知検診クリニック 脳ドックセンター長の朴 啓彰先生をお招きし、脳情報をもとにした健康管理として、有用な効果検証結果や臨床結果を加味したご講演を賜りたいと考えております。
教育講演では長年勤労者に対する産業理学療法の提供を実践されております大阪労災病院 治療就労両立支援センターの浅田史成先生をお招きし、腰痛・生活習慣病の一次予防対策としての理学療法ついてご講演賜りたいと考えております。
また特別企画といたしましてパネルディスカッションの開催を予定しています。初の試みではございますが、ご登壇頂きます先生方には皆様の臨床の一助になりますよう、熱く語って頂きたいと考えております。この他にも一般演題発表では多くの方にエントリーして頂き、活発な議論が展開されることを楽しみにしています。
ご講演頂く先生方の研鑽された知識を会員の皆様にお伝えできるよう準備を進めております。多くの皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
 
 

徳島県理学療法士学会 事務局

伊月病院
リハビリテーション部
理学療法士 松本 裕美
TEL:088-622-1117
E-mail:
tokushimaptgakkai@yahoo.co.jp