本文へスキップ
第32回 徳島県理学療法士学会
      in Tokushima

第31回徳島県理学療法士学会 学会長挨拶GREETING


 平素より徳島県理学療法士会にご支援を賜り、誠にありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染拡大により、医療従事者として緊張の日々が続いている中、生活に影響を受けられているご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、医療機関等、感染拡大防止に日々ご尽力されている皆様には深く感謝申し上げます。
 この度、新型コロナウイルス感染拡大予防対策の下、学会の開催について、今日まで検討を重ねた結果、令和3年11月21日(日曜日)に、リモート式での開催をさせて頂く運びとなりました。
 第32回徳島県理学療法士学会の学会テーマは、「新たな生活様式と理学療法士~身体づくりの専門家として~」とし、身体活動と健康科学および予防理学療法に関して権威のある先生にご講演頂きます。
 特別講演では、徳島大学名誉教授の荒木秀夫先生に、不活動状態の高齢者に対して、長年の研究と経験を生かした運動支援内容の解説と紹介をして頂き、運動制御的観点からの運動即時効果についてのご講演を賜ります。
 教育講演では、鹿児島大学医学保健学科理学療法学専攻基礎理学療法学講座教授の牧迫飛雄馬先生にフレイルの概念や、フレイルによる弊害と予防の戦略についての解説から超高齢化社会において理学療法士が担う役割についてご講演賜ります。
 社会活動や参加の多くが制限されたコロナ禍の新たな生活様式を経て、身体づくりの専門家として関わる全ての方を「健康」に導くための「きっかけ」や「気付き」さらには「自信」に繋がることを期待しております。
 ご講演頂く先生方の研鑽された知識を会員の皆様にお伝えできるよう、社会情勢を加味しながら、リモート式での第32回徳島県理学療法士学会を開催致します。参加者の皆様には、今回導入いたします<Zoom>におけるシステム上の問題等で、ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、安心、安全を最優先に考えた本学会の今年度の開催趣旨につきまして、ご賛同のほど宜しくお願い申し上げます。


第32回徳島県理学療法士学会
学会長 鈴木 慧二



このページの先頭へ

徳島県理学療法士学会 事務局

三加茂田中病院
リハビリテーション課
理学療法士
寺野  誠
TEL:088-382-3700
E-mail:
tokushimaptgakkai@yahoo.co.jp